第13話、お姉ちゃんの秘密の箱-こっそり部屋に入ってみつけたのは…トイボックス2箱目、その3

こんにちは。

 

エロまんががご飯より好きなパンストフェチ男です。

 

このまんがを見た時は羨ましいな~

 

だって、女性のオ○ニーを見ることができるなんて最高だよね。

 

この後の展開がメチャ期待します。

 

オ○ニー好きな人は必見ですね。こちらから無料お試し読みを

↓  ↓  ↓  ↓

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

第13話

トイボックス 2箱目 その3

これは溜まんない体験だ

 

綺麗なお姉さんのお〇んこをまじかで見れるなんて。

 

それに、どんな形か聞かせろと。

 

大量に流れ出ている白いネバネバした液

 

ピンク色で穴があいてる。そこから液が出ている。

 

海の匂いががすると。

 

まさか匂いの事を言うとは恥ずかしくなったが興奮する姉。

 

恐る恐る「臭いの!」

 

臭いと言われたらどうしよう!

 

可愛い顔して姉のお〇んこの匂いが好きですと言った。

 

姉はキューンと胸が引き裂かれそうになった。

 

そして、同級生の息がお〇んこに刺激を加えている。

 

これだけで「イッテしまう」

 

触られていないのにイクのは初めてだ。

 

ドンドン溢れ出てくる愛液

 

それを拭こうとしてお〇んこを触ったら姉は完全に本気モードに

 

「よくも触ったわね!」

 

「責任とって、舐めなさい」

 

クンニの命令だ。

 

いきなりお〇んこの中まで舌をいれて綺麗にする同級生

 

姉は今迄感じたことのない快感。

 

姉の身体はびくびくして、潮吹きしてしまった。

 

同級生の頭をお〇んこに押さえつけ全部飲み干しなさい。

 

息苦しくなって離れたら、なんだか下半身に違和感が

 

お姉さんがち〇こを舐め上げていた。

 

お姉さんの極上フ〇ラにもかかわらず、勃〇しない。

 

早く挿れたいお姉さんは

 

次なる手を

 

13話ここまで

 

クンニをされているお姉さんの表情は最高のおかずね。

こちらからです。

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

1話¥64ですので安心して購入できます。

第1話、箱の中の世界

 

第2話、朽ち果てた箱の中 前編

 

第3話、朽ち果てた箱の中 後編

 

第4話、パンドラボックス 第1話 前編

 

第5話、パンドラボックス 第1話 後編

 

第6話、パンドラボックス 第2話 前編

 

第7話、パンドラボックス 第2話 中編

 

第8話、パンドラボックス 第2話 後編

 

第9話、トイボックス  前編

 

第10話、トイボックス  後編

 

第11話、トイボックス 2箱目 その1

 

第12話、トイボックス 2箱目 その2