第10話、お姉ちゃんの秘密の箱-こっそり部屋に入ってみつけたのは…トイボックス 後編

こんにちは。

 

エロまんががご飯より好きなパンストフェチ男です。

 

このまんがを見た時は羨ましいな~

 

だって、女性のオ○ニーを見ることができるなんて最高だよね。

 

この後の展開がメチャ期待します。

 

オ○ニー好きな人は必見ですね。こちらから無料お試し読みを

↓  ↓  ↓  ↓

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

第10話

トイボックス  後編

 

秘密のボックスからローターを取り出す。

 

この瞬間で心臓はバクバク状態。

 

スイッチを入れると部屋中にビビビビと音が響き渡る。

 

その音でも興奮状態に!

 

当然、パンティーの中は濡れていて

 

汚してしまっている。

 

恐る恐るお〇んこにローターを

 

身体に電気が走った感じがした。

 

頭の天辺から足の指の先まで流れていくような感じである。

 

これが、大人おもちゃの威力か!

 

当然、もっと気持ちよくしたいので、ローターの振動を強くする。

 

お〇んこの愛液にローターの振動が加わり、ビチャピチャと卑猥な音が部屋中に響き渡っている

 

ローターに夢中になっているとき、姉が帰ってきた。

 

姉の部屋から声が・・・

 

気づかれないようにドアを開けると。

 

ローターでお〇にーしている妹が。

 

姉はその様子を見て、最初にローターを使った事を思い出した。

 

ドアのそばでオ〇ニーをし始めた。

 

妹は何度も絶頂を迎え、

 

最高潮に達しようとしたら、潮吹きをしてしまった。

 

姉の部屋はビチャビチャになったので、怒って部屋に

 

まさか、見られているとは。

 

おまけに、ローターの感想を教えてほしいと。

 

教えたら許してあげる

 

そうでないと、

 

姉は違うオモチャを出してきた。

 

ビースみたいなのが数珠つなぎになっている。

 

処女を奪うと可哀想だから。おしりの穴で犯してあげると。

 

この姉は変態女である。

 

 

姉妹のオ〇ニー表情は最高のおかずね。こちらからです。

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

1話¥64ですので安心して購入できます。

第1話、箱の中の世界

 

第2話、朽ち果てた箱の中 前編

 

第3話、朽ち果てた箱の中 後編

 

第4話、パンドラボックス 第1話 前編

 

第5話、パンドラボックス 第1話 後編

 

第6話、パンドラボックス 第2話 前編

 

第7話、パンドラボックス 第2話 中編

 

第8話、パンドラボックス 第2話 後編

 

第9話、トイボックス  前編