出会い系サイトで憧れの徳島アナ似の人妻ナースと和歌山のホテルで熱いセ〇クス

人妻や看護師に惹かれてしまうのはなぜでしょうか。

 

若い子もいいけど、やはり色気・エロ気に勝るものはないですよね。

 

そんな人妻との妄想に明け暮れる中、徳島アナ似の人妻ナースと奇跡的に出会い系サイトミントC!Jメールマッチング出来ました。

 

マッチング出来たからと言って油断は禁物です。

 

まずは紳士的に初めましての挨拶。

 

出会いアプリとはいえ、始めから会いましょう、やりましょうなんて人は稀です。
むしろそんな人は逆に怖いですが。

 

最初の挨拶を終えて、簡単な自己紹介をし、お互い趣味や休日の過ごし方などを話しているうちに、旦那さんが単身赴任・子供がいるが実家が近い為夜飲みにも行けるという、いきなり満塁ホームランのような情報を手に入れました。

 

その後はさくっと日程調整をし、ドキドキのご対面。

 

人妻とは思えないほどのミニスカートを履いていて早くも爆発寸前。

ですが、前情報では終電では帰らないと行けないの。という条件がありました。

 

お子さんもいるし、そうですよね。とそこはすんなり受け入れました。

 

となれば、勝負は早め早めで。

 

食べ物の好き嫌らいもチェック済みだったので、調べていたお店に行きました。

 

改めて、目の前で見る人妻ナースはエロかった。

 

と言っても、私服なのでナース要素はゼロでしたが、僕には白衣の衣装が見えていました。

 

順調にお酒も進み2時間ほどたった頃でしょうか、ジャブを入れるつもりでもう一軒お誘いしてみました。

 

時間は22時。ダメ元でホテルに誘うか、素直にもう一軒行くかグルグル考えていたら、なんと!
向こうから手を繋いで来たのです。

 

このパターンはもうお決まりですね。

 

すんなりホテルへGOでした。

 

エレベーターの中で、すでにキスの嵐です。

相当たまっていたのでしょう。笑

 

そのままベットに押し倒したら、完全に女の目になっていました。

 

シャワー浴びたいと言っていましたが、そこはそのまま頂きました。

 

なんとも言えないエロさが半端なかったです。

 

しかも、今までに経験したことがないほどのテクがさらに半端なかったです。

 

これが人妻なのか、このテクが人妻なのかとすでに噴火レベルMAXの状態でした。

 

そこからは野生の交尾ともいえるほどの熱い性行の始まりです。

 

騎乗位から始まり、というか乗ってもいい?とまるで助手席に乗るかのごとく当たり前のように乗って来ました。

 

しかも、ヘルメットはなしです。

 

今日は大丈夫だ、か、らと言われたら、従うしかありません。

 

基本Sな僕は下からでも攻めて攻めて攻め立てたいのですが、人妻ナースの前では我慢するので精一杯でした。

 

このままでは、果ててしまうので無敵モードのバックにしようとしました。

 

が、バックは痛いからあまり好きじゃないのと言われましたが、人妻ナースをバックから犯したい願望のあった僕としては、なんとしてでもバックがしたい。

優しくするから安心してと半分無理矢理バックへ移行しました。

 

激しくしたい気持ちを抑え、ゆっくり丁寧にしていると、まさかの発言です。

 

もっと奥までぇ、今日は痛くないぃ、、
夢叶いました。

 

ここぞとばかりに激しく、一糸乱れぬリズムでガンガン突いてやりました。

 

この時すでに生気を失ってましたが、
正常位になり人妻ナースの足はダランとおっぴろげ状態。

フィニッシュはもちろんそのまま人妻ナースの秘密の花園へ。

 

もう一回と言われましたが、ここは次に繋げる為に、終電の事を心配して和歌山市駅まで送りました。

 

バイバイした後のLINEでは、またバックして欲しいなぁとすでにおねだり。

 

帰した事を後悔しつつラーメンを食べて帰りました。

ミントC!Jメール登録はこちらから