浜松で出張したついでにストレス溜め込んだ看護師さんとエッチしました

浜松市に住む41歳の看護師さんと出張のついでに会う事になりました。

 

仕事のストレスが多いみたいで「誰かに凄く甘えたい」とミントC!Jメールで言っていました。

 

嫌がってましたが、白衣と白いパンストも持ってきてもらう約束でした。

 

30分ほどドライブで緊張をほぐしてから当然のような顔をしてスルッとホテルに入りました。

 

少しほぐれた状態でお互いシャワーに入り、渋るのをなだめ白衣に着替えて貰ってベッドイン!

 

嬉しかったのは、ベッドでは外されちゃったけど、普段はあまりしないというナースキャップも持ってきて、着けて見せてくれてたことでした。

 

「ギュってして」と言う約束でしたので強く抱きしめ丁寧にディープキス。

 

両方の耳を丁寧に舐め、息をかけてあげれば彼女は色っぽい吐息を吐きはじめました。

僕は何とか、病院でドクターがナースを誘惑してる気分になるよう一生懸命イメージしました。

 

耳の穴の中まで舌を入れて舐めてあげます。

 

白衣の上から、乳房を誉めながら手のひらで強くならないように何度も撫でてあげます。

 

「今日は僕がドクターだから、診察してあげるよ」と言いながらボタンをはずすと「エッチなドクター」と言うので、僕は笑いながら「じゃ、辞めようか?」というと「意地悪!」と言います。

 

「あれー、何でこんなに乳首がたってるのかなぁ?」とか言いながら、むしゃぶりつきたい気持ちを抑えて乳房の回り、肩なんかを丁寧に小刻みに舐めてあげます。

 

そして、円を描くように乳首に近づいていくと、彼女は声をだしながら乳首を僕の口から避けるように体をよじります。

 

まず、鼻の頭で乳首をツンツンすると声が一段と大きく「あっ、あっ、んっ、んっ」と我慢しきれず漏れます。

 

乳首を中心にして円を描くように舌で小刻みに舐めまわします。

 

舌先で触れるか触れないかでチロチロと先っちょを舐めるともう乳首は充血してビンビンに堅くなっています。

上下に舐めたり、左右に舐めたりして散々舌で乳首を転がしながら、吸ったりペロペロしたりプルンプルンしたりしてやると「あ~気持ちいいぃーーー」と素直に声をだします。

 

彼女は白いパンストにパンツもはいています。

 

パンスト越しに見える薄い赤のレース付の可愛いパンツを見ると、ち〇こもズキンズキンときて「がまん汁」が出てるのが自分でもわかります。

 

白衣をまくり上げ、しばしパンスト姿を眺めながら「あ~これからコレを脱がせて舐めれる」と思っただけで嬉しくなります。

 

パンストの上から微かに局部を鼻の頭で何回も何回も軽く軽く擦り息をかけながら、エッチな話をします。

 

患者さんにセクハラされた事、新人の頃にドクターに犯されそうになった事など聞きながら撫で撫でをくりかえします。

 

パンストをゆっくり脱がせ、パンツをはかせたまま足を開かせてみました。

 

「あ~、やっぱり凄いなぁ」って言うと「何が?」って言うんで「べトべトや」って言ってやると「いやぁ~ん」と言って足を閉じようとします。

もう僕の肩にしっかりと両足は抱えられいて、僕の目の前にうすい小さな布一枚残してあそこの部分が来るようにしてあるので閉じられません。

 

パンツのマチの部分は二重になって愛液が沁み出にくくなってますが、その周辺部分がベッドリ湿っています。

 

突っついたり、大事な部分に鼻から顔を全部埋めるようにして首をブルブルと左右に振ってみたりして、余計にグチョグチョにしてあげました。

 

彼女は「いやっ、やめて~、あっ、ああぁぁぁ~~、恥ずかしい~」なんていいながら、めちゃくちゃ感じています。

 

いよいよ、白衣はお腹に残してパンツを脱がします。

 

まんぐり返しの形でお尻からすっぽりパンツをはがすとそこに、もうベトベトのおまんこがあらわになりました。

パンツの裏側を確かめるとマチの部分にタップリと愛液が。

 

彼女に見えるようにペロペロ舐めてズルズルとわざと音を立て全部吸っていただきました。

 

「やだぁ~、やめて~、恥ずかしい~」と叫んでますが関係ありません。

 

パンツは片足に残し、まず陰毛の生え際くらいを舐めまわしますが、陰毛は濡れて皮膚にへばりついて凄く卑猥です。

 

太ももの内側をチロチロと舐めながら、割れ目の状態を見ると光る液体にまみれてる様がとてもエロくってたまりません。

 

クリ〇リスに向かうフリをしては、片方のビラビラの横を舐め、また反対側を舐めたりしてると、もうたまらないようでお尻を振ってクリ〇リスを僕の鼻に擦りつけてきます。

 

少し興奮してめくれているク〇トリスに鼻を近づけると、陰毛に付いた愛液が僕の顔中をぬらします。

 

「何でこんなに濡れてるんだろう、おかしいから診察しようね」って言うと「そんなに見ないで~恥ずかしい」と叫んでいます。

 

割れ目から湧き出るぬるっとしたその液体を口の中で少し味わいながら、まずはクリ〇リスの回りをツンツンと舌先でつつくと「ああぁー、もうだめ~早く舐めて~~!」と彼女はついに恥ずかしい本音を発しました。

 

クリ〇リスを舌の先で軽く小刻みにチロチロって舐めては止め、またペロペロって舐めては止めを繰り返すたびに「はぁー、ああぁぁー、気持ちいいっ」と言ってビクンビクンと体が波打ちます。

舐めるのを止める度に、不満そうな声を出していますが、クリ〇リスは舐め続けるより少し休ませながら舐めると感じるんです。

 

ちょっと強めにコリコリっというふうにクリ〇リスを舐めたり、ビラビラを唇ではさんだり引っ張ったりしてまたクリ〇リスに戻り・・・。

 

割れ目に沿って下から上に強めに舐めた時、狙い通り口の中にトロリと愛液が入り、思わず口の中でぐるぐると回して味わいゴクリと飲んでしまいました。

 

独特の塩味の液体と膣の中の酸味が大好きです。

 

味わってる間は彼女の声は止まり、息だけがはずんでいます。

 

また鼻でツンツン、舌先でチロチロ、舌で上下にペロペロ、左右にレロレロ、舌でクリ〇リスを引っ掛けるようにプルンプルン、舌に少し力入れて回すようにグリグリ、クリ〇リスをコリコリッ、舌全体で膣の辺りから割れ目に沿ってクリ〇リスまでの間を大きくベロンベローンとなめ上げた時に声が一段と大きくなりだしました。

 

この舐め方は、ひと舐めで鼻の頭と舌先でクリ〇リスに2回刺激が伝わります。

 

これが相当気持ちいいみたいで「いやん、あっ、ああああっ、あっ、あうっ、それっ、あっ」と大声をだしています。

 

今度はクリ〇リスを剥き出すために優しく吸い付き、その唇の間から出した舌でクリトリスを直撃しました。

 

そしてクリ〇リスにアクセントつけて縦にコリコリッ、左右にレロレロ、今度は舌全体で強めに下から上へ舐めあげるのを繰り返してた時、先ほどより大きな声で「やぁぁ、ああああああぁぁぁぁーー」と叫んで、体がガクガクと痙攣し、彼女が暴れはじめました。

 

足を閉じようとして僕の顔が挟まります。

 

あまり顔がきつく締まるので、お仕置きで舐めるのをストップします。

 

彼女は「はぁはぁ」と息をしながら、足の力を緩め「何で舐めてくれないのか」という顔で僕を見ます。

 

今度はしっかり両足を抱えて間に入り、イケるように舐めるスピードを速めてあげました。

 

「・・・あっ・・・はぁ、はぁ、・・・やっ・・・いぃっ・・・あんっ、いいよぉ・・・、っくぅ・・・やぁん・・・だめぇ・・・あぁん、ぁあ、あぁぁ・・・ああぁぁぁん、イクっ、イクっ、いっちゃう、いや~あぁぁ・・・」と泣きそうな声をだしたかと思うと、一瞬息が止まったような感じで低いウメキとともに彼女は静かになりました。

 

彼女のおま〇こは僕の唾液と彼女の愛液でまみれグチョグチョです。

 

その時点で僕のち〇こは充分な大きさと堅さに達していて、もう我慢汁でベットリです。

 

今度はいよいよ人形のように動かない彼女の割れ目に僕のち〇こをあてがい、ゆっくり浅~く埋めてあげると微かに甘い声が小さくしましたが彼女は反応がイマイチです。

 

微かに「もうダメ」というので、仕方ないので深く埋めて、その状態が気持ちいいのでそのまま動かないことにしました。

 

僕のち〇こは彼女の中に根元までスッポリと入っています。

 

深く埋めた時に、彼女は深いため息のような声で「はぁぁぁぁ~」と気持ちよさそうな声を出しましたが僕は動きません。

 

彼女の下腹が小刻みに震えているので、それだけで気持ちがいい。

 

しばらくその感触を味わい、ゆっくりと深く突き、基本は浅く出し入れし、また深く突くというのをリズミカルにゆっくり根気良く繰り返して楽しんでいると、ほとんど反応の鈍かった彼女の息が急に荒くなってきました。

 

浅く4回、深く1回、浅く3回、深く2回と優しく突いていると「あっ、またっ、またっ・・・」と瀕死の声を出しはじめました。

 

「あっ、またイッちゃうー」と言い出したんで、少し早めにピストン運動をし「やっ、やっ、何で、あっ、ああああああぁぁぅぅぅぅぅーーー」という彼女の感じる声に僕が感じてしまい、不覚にも先にゴムの中に大量放出してしまいました。

彼女がイケる寸前のようなので、そのままやめたいのを我慢して下腹を突き出して擦ってあげると、数秒後に遅れて彼女はその日の2回目の絶頂を迎えました。

 

同時にイク事はできませんでしたが、何とか2回目イカせてあげる事ができました。

 

女の子の体はデリケートだからあのゆっくりの動きが案外よかったようです。

 

小さくなりかけのチンチンから精液が漏れないようにゴムの付け根を指で押さえて抜きました。

 

彼女を抱き寄せ、ギュってしてあげて何度もキスして髪を撫ぜてあげました。

 

しばらくして、彼女から「すっごく気持ちよかった・・・」。

 

久しぶりに深くイケたよ、それもイッたのにまたすぐに・・・。

 

それにあの舐め舐めは初めての感覚だけどあんなに気持ちいいと思わなかった、意外だった。

 

「ほんとに上手いね」とお褒めをいただきました。

 

そして帰りに「お腹すいたね」と言うので、一緒に鍋を食べに行き、仕事の悩みなどを聞いてあげながら充実した一日を過ごしました。

 

「また浜松に来た時は舐めてイカせてね」と次の約束までも。

 

女の子がこれだけ感じて喜んでくれたら、男はほんと幸せですよね。

 

僕は女の子の外見よりも、イク時のあの気持ちよさそうな表情や声がとても好きでその可愛さで満足してしまいます。

 

ミントC!Jメール登録はこちらから