第3話、お姉ちゃんの秘密の箱-こっそり部屋に入ってみつけたのは…-  朽ち果てた箱の中 後編

こんにちは。

 

エロまんががご飯より好きなパンストフェチ男です。

 

このまんがを見た時は羨ましいな~

 

だって、女性のオ○ニーを見ることができるなんて最高だよね。

 

この後の展開がメチャ期待します。

 

オ○ニー好きな人は必見ですね。こちらから無料お試し読みを

↓  ↓  ↓  ↓

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

第3話

朽ち果てた箱の中 後編

オ○ニーをしている少女

 

それを除いている男に誰かが触っている。

 

誰だ?

 

黙って覗いてなさい。

 

そうでないと覗き見と叫ぶと言われた。

 

少女のオ○ニーを見ていると今度はオモチャを出して舐め廻す。

 

そして、知らない女性が大きくなったち〇こを舐め廻す

 

なんか同じ動作である。

 

エロのシンクロである。

 

全く同じように舐め廻す。

 

そして、少女はそのオモチャをおま〇こに挿れていく。

 

すると、その女性もバックで挿れてくる。

 

初めての体験である。

 

おま〇こがこんなに温かく気持ちが良いとは思わなかった。

 

少女もオモチャで激しく出し入れ。

 

女性もバックで激しく出し入れ。

 

そして、お互いにイッテしまった。

 

何年か前のあの少女はこの女性である。

 

そして、オ○ニーをしている少女この女性の娘であった。

 

童貞を捨てられた喜びと不思議な感じがしていた。

 

 

シンクロ性行為は最高です。

これはヌケルエロまんがです。こちらからです。

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

1話¥64ですので安心して購入できます。

第1話、箱の中の世界

 

第2話、朽ち果てた箱の中 前編