第2話、お姉ちゃんの秘密の箱-こっそり部屋に入ってみつけたのは… -朽ち果てた箱の中 前編

こんにちは。

 

エロまんががご飯より好きなパンストフェチ男です。

 

このまんがを見た時は羨ましいな~

 

だって、女性のオ○ニーを見ることができるなんて最高だよね。

 

この後の展開がメチャ期待します。

 

オ○ニー好きな人は必見ですね。こちらから無料お試し読みを

↓  ↓  ↓  ↓

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

第2話

朽ち果てた箱の中 前編

廃屋での出来事である。

 

誰もいない廃屋の中で声が聞こえる。

 

小さい頃の思い出である。

 

覗いて見ると、股間に指を入れて気持ちよさそうな表情をしている女性。

 

震えながら声を出してビクビクしている身体が印象であった。

 

指にはねっとりした液が付いている。

 

この頃は何をしているかわからない。

 

ち〇こが大きくなり痛くてたまらない思い出が蘇った。

 

少女に見つかり必死に逃げたあの頃

 

しかし、今は違う。

 

久々に実家に帰ってあの場所に行く。

 

まだ、あの廃屋が残っている。

 

振り返れば、あの時中に入ればあの少女とセ〇クスができたのではと思った。

 

ボロボロの廃屋を後にしようとした時。

 

声が

 

覗いて見るとあの時の少女がオ○ニーをしている。

 

まさか。

 

同じ少女がおま〇こに指を入れてオ○ニーをしている。

 

勃〇したち〇こが痛い。

 

すると誰かが俺のち〇こを

 

この正体は誰だ?

 

 

これはヌケルエロまんがです。こちらからです。

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「お姉ちゃんの秘密の箱」をコピペして検索して下さい。

1話¥64ですので安心して購入できます。

第1話、箱の中の世界